歯の神経を取る治療が終了したはずなのに、痛みがとまらない!なぜ?

香川県高松市の

かみ合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

大変多いご相談ですので

ご紹介します。

 

「1ケ月前に歯の神経を取る治療をしました。

歯の神経を全部とってもらって治療は終了しましたと歯医者さんには言われました。

しかし、神経を取る治療をした歯が痛くてしょうがないので

その歯医者さんに行って、まだ痛みがあるんです、と言うと

『神経取ってる歯なので痛いはずはない、そんなはずはない。』

と言われました。

 

しばらくしたら落ち着くかなと薬を飲んだりして

我慢しながら仕事をしていましたが

あまりに痛いのでこれはおかしいと思って

相談することにしました」

 

 

このようなご相談は大変多く頂きます。

zyosei2.jpg

「すでに歯の神経は取っている歯だけれども痛みが取れない」

「歯の神経治療をして、治療は終了したと言われたが、痛みが続く」

こんな状態が続くと

どんな患者さんでもご不安になれることと思います。

原因不明な痛みほど不安が募ることは、ありません。

 

一体どうしたらいいのか?

この痛みはどこに行けば治るのか?

そう思うのは当然です。

 

歯の神経に関してのご相談は大変多いのですが

「歯の神経を取ったのに痛みを感じるのはなぜ?」という

ご相談はその中でも

さらに多いご相談内容です。

 

歯の神経を取ったはずなのに痛い!

その理由をお話しますね。

 

通常、奥歯の場合歯の神経の入口は

3つしかない、と教科書では教えられています。

しかし、

実際に私が日々患者さんのお口の中を診せて頂き

根管治療(歯の神経治療)をしていく中では

歯の神経の入口は4つ、5つある方が

いらっしゃるんですね。

imgshin.jpg

歯の神経の入口が4つあるケースは

珍しいことではありません。

 

私が患者さんを診させて頂くだけでも

歯の神経の入口が3つなのは

10人のうち5人程度です。

 

残りの5人の方は、歯の神経の入口は4つ目、5つ目と見つかります。

 

実際にこの患者さんも

5つ目の神経の入口が見つかりました。

 

3つ目までは見つかって

消毒をしているのですが

残りの4つ目5つ目には

神経が残っており、バイ菌が腐蝕しているのです。

痛いはず、です。

痛くて、あたりまえです。

 

歯の神経の入口が3つしかないと思って

3根管だけ治療したとします。

 

見つかっていない4つ目、5つ目の神経は

治療されずに放置されたままです。

4つ目5つ目にはばい菌が残っているわけです。

痛みが取れるわけは、ありません。

 

 

歯の神経の入口は3つだと、思い込んでいたら

見えません。

 

4つ目があるかもしれない、と思っているから

4つ目を見つけることができます。

 

あると思うから、見つけることができるのです。

 

4つ目、5つ目の神経の入口を見つける時に

役に立つのが、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)です。

 

肉眼では見えないものが、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使うことによって

よく見えます。

 

 


わたしたち、
歯科医師術者から治療しようとする歯を見るとこんな感じです。

 

肉眼で見た時にはこう見えます。
歯と1円玉を並べてみました。
こんな世界です。

さらに、ルーペで見るとこんな世界です。

歯の神経(歯の根)が3つ見えていますね。

例えば字が小さな本を読もうとした時、
字が見えないと読めませんよね。

ですから見えないのでどうしますか?

メガネを掛けますよね。

横に一円玉を置いてみました。
こんなサイズです。
コンタクトレンズを掛けますよね。
車の運転、見えてないと危険ですよね。
普段メガネをつけていらっしゃる方がメガネを外して車の運転、とても危険ですよね。

つまり見えている事に対してしか処置をすること行動を起こすことができません。

もちろん経験であったり、技術であったり、手先が器用であったり、すごく大事なことです。

しかしながら目が見えなくなってきたり、見えていたものが見えない、

もしくは今まで見えてなかったものが見えるようになった時、それはまったく違う治療となるのです。

先ほどの続きです。
まず、お口の中をルーペでみると
こんな感じです。歯の表面がばい菌で溶けてドロドロになっている状態です。
決して珍しいケースではありません。
一部が黒くなって肉に埋もれているため黒い部分を削ると出血してきます。
そのため、先生の診断によってはこの時点で「抜歯」を宣告される場合も少なくありません。

 

この表面のドロドロした状態をまずはキレイに除去します。
まずここまでの処置が大変です。

黒い部分を削って除去し、まだ使えそうな硬さのある歯質を露出させました。
レーザーを用いて止血しました。

レーザーがないと止血が困難です。

 

止血させることで、歯の神経の入口を3つ見つけることができました。
歯の周辺部分の赤くなっている歯茎から出血が起こるのですが、レーザー治療により
止血された状態で歯が良く見える状態になっています。
もちろん吉本歯科医院のこの炭酸ガスレーザーは保険では認められていません。

 

ここまでの処置ができるかどうかだけでも
抜歯か歯を抜かずにすむかの診断が大きく変わってきます。

具体的にお話しましょう。
歯科の治療においては何ミリの世界が治療にとって必要なのか?
吉本彰夫は1ミリ、いやもっと狭い0.1ミリの世界で治療を行っております。

さらにマイクロスコープ(手術用顕微鏡)で精密に見ていくと3つの神経の入口以外に白い点が見つかりました。
しばらくすると横から血が流れ込んできます。血との戦いです。ここでまたレーザーで止血させます。
その白い点の穴の中に細い針を慎重に入れていきます。
注意深く入れないと細い針ですので折れてしまいます。
針が折れた時点でその歯は抜歯となります。
細心の注意を払って行います。shinkei3.jpg
上の写真をご覧下さい。
歯の神経の入口は3本に見えます。
しかし

白い点だった穴を針で広げていくと
4本目の歯の神経の入口が見つかりました。

imgshin.jpg

4本目の歯の神経の入口が見つけることができたため

4本目の歯の神経を消毒することができます。

そこにバイ菌がいるから

痛みを感じるのです。

 

消毒し、菌を殺せば

痛みは消えました。

 

こういうことが吉本歯科医院では
当たり前に行なわれています。
マイクロスコープという手術用顕微鏡を使えばどうなるんでしょうか?
はっきりと見たいところが見えます。

 

吉本歯科医院では常にそういうよく見える世界で治療を行っております。

これが、吉本歯科医院の「あたりまえの基準」です。

無料メール相談

香川県 高松市 吉本歯科医院 無料メール相談

吉本歯科医院では歯のお悩みごとを抱える方へ無料メール相談を行っております。

メールでのやりとりでお返事できる限りのことは、ご相談に応じております。

どうぞお気軽にご相談なさってくださいね。

http://www.8181118.com/contact/

香川県 高松市の歯医者 歯科 根管治療 歯の神経 治療 歯の神経を抜きたくない方 抜かないといけないと診断された方ご相談下さい 歯の神経治療 根管治療専門歯科医院 マイクロスコープ 手術用顕微鏡 根尖性歯周炎 根尖病巣 歯髄炎 歯根端切除 歯根膜炎 歯根嚢胞 上顎洞炎 歯の膿 歯根の膿歯茎が腫れる 歯がグラグラする神経を取った歯が痛い 歯根が痛い 根管治療専門歯科医師

お気軽にお問い合わせください。087-818-1118受付時間 9:15-18:00 [ 日・祝日・休診日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談下さい

虫歯でお悩みの方、歯周病でお悩みの方、薬で治す歯科治療に関心がおありになる方、まずはお気軽にご相談下さい。